香取慎吾 | ジャニーズ・春夏秋冬

話題のリリース!
KAT-TUN -NO MORE PAIИ- WORLD TOUR 2010 [初回限定盤] [DVD]

KAT-TUN -NO MORE PAIИ- WORLD TOUR 2010 [初回限定盤] [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェイ・ストーム
  • メディア: DVD

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

香取慎吾が描いたアクリル画の除幕式

シルク・ドゥ・ソレイユのスーパーサーカス「ダイハツ クーザ」が開幕。それに先だって、特命大使のSMAP・香取慎吾が描いた絵の除幕式が行われ、来日公演を盛り上げた。

続きを読む >>

香取慎吾、座頭市を諦めず

SMAP香取、舞台あいさつも“LAST”

6月7日12時38分配信 サンケイスポーツ
 映画「座頭市 THE LAST」(阪本順治監督、公開中)に主演したSMAPの香取慎吾(33)が6日、大阪・TOHOシネマズ梅田で舞台あいさつした。

 13日に行われる予定だった上海万博でのSMAPのイベントが、安全面への懸念から中止されることが前日に正式発表されたばかり。香取が「上海には行けませんが、大阪に来ることができました」と話すと場内は歓声に包まれた。

 先月29日の公開前から続いた舞台あいさつは、通算31回目の今回で区切りとなるが、「本気で取り組んだ座頭市。やろうと思えば、まだまだできます」と宣伝し足りない様子だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000510-sanspo-ent

香取慎吾の「座頭市」大コケで“SMAP不要論”が再熱!「縁切 ...

5億円もの製作費をかけたSMAPの香取慎吾(33)が主演を務める映画「座頭市 THE LAST」の興行成績があまりにも酷いことになっており、これをきっかけにかつてから囁かれていた“SMAP不要論”が再び過熱している。

>> More

座頭市 THE LAST

香取慎吾くんファンな訳ではないけど、「座頭市 THE LAST」見ました。 阪本順治監督だから見てみたいなと のっけからクライマックスか と思ったりして 絵と音がとても良かった 香取慎吾くんは若いながらがんばってたとは思いますが

>> More

東宝配給「座頭市 THE LAST」、2日間で8512万8千円

[ 文化通信.com ]より(以下一部抜粋) 東宝配給「 座頭市 THE LAST 」 は、5月29日からTOHOシネマズ有楽座ほかで公開され、29 鑑賞動機としては、「 香取慎吾 が渾身の演技を見せているので」が35.6%、「香取が好 きだから」が

>> More

座頭市

そういえば 今座頭市の映画やってんだっけ? 見に行かないけどね。 それにしても 何故に座頭市が 香取慎吾? さすがにSMAPだけあって、一発変換で出てくるね。 にしても、香取慎吾? 意味わからん ┐('〜`;)┌ 何故ジャニーズ? SMAPの木村拓哉

>> More



【映画・チラシ】 座頭市 THE LAST 香取慎吾 SMAP:楽オク中古品

※以下を必ずご確認ください。こちらは、楽天オークションへ参加している出品者より出品されている商品です。
このまま自動的に楽天オークションの商品ページへリンクいたします。
自動的にリンクしないお客様は、こちらをクリックしてください。

 


香取慎吾の「座頭市」は「武士の一分」になるか

「日刊スポーツ」や「デイリースポーツ」などでは、座頭市・最後の映像化を香取慎吾で撮ることが報じられている。 
故・勝新太郎さんの当たり役で、日本を代表するキャラクターである「座頭市」。その大役を香取慎吾が演じることになった。「勝新太郎さんが演じられた偉大な役に挑戦できるという喜びが大きいです」。

 「座頭市」が初めて映画化されたのは62年。それ以降、勝さん主演で映画が26本、ドラマが100本制作された。その後もビートたけし(62)、綾瀬はるか(23)も演じ、海外でも主人公・市をモチーフにした作品が制作されてきた。

 今回、新たに映画化するにあたり、作品を企画した中沢敏明プロデューサーは、市を原作に忠実な大柄でユーモアと男の色気にあふれたイメージに設定。勝版とは違い、妻とのラブストーリーや喜怒哀楽を見せる人間的なシーンもあることから、すべてにぴったりハマる香取に白羽の矢を立てた。

 まさかの大役に、最初は驚きを隠せなかった香取だが、昨年6月から殺陣のけいこを始め、阪本順治監督と、入念な打ち合わせを繰り返すなど万全な態勢を敷いてきた。15日に山形県・庄内のオープンセットでクランクイン後も、前向きに役にぶつかっている。

 今作は、剣を置き、妻・タネのために平穏な暮らしをすることを決意した主人公・市が、故郷の村のために悪人たちとの戦いに臨む物語。市の人生の最後も描かれる。原作者・子母澤寛さんの遺族から映像化権を任されている中沢プロデューサーは「この先いかなるメディアでも『座頭市』を映像化することはしない」と断言しており、文字通りこれがラスト。香取も撮影が進むにつれ「最後を締めくくれる気がしてきました」と、自信を持って演じている。(「デイリースポーツ」2009年3月17日更新)

香取慎吾は、『黒部の太陽』に続いて大役を仰せつかった訳だ。昨日も書いたが、舞台や映画にシフトするジャニーズ事務所の慧眼を感じる。

ただし、こちらは時代劇。「ファッショナブルな要素を盛り込み、若者の注目を集める作品」(http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=1117&f=national_1117_001.shtml)という『西遊記』などで期待されたモチーフはどこまで通用するだろうか。以前からの時代劇ファンというよりも、新しくファンを開拓するという気持ちがなければ成功しないだろう。

もっとも、制作サイドが、ジャニーズ事務所の意向にとらわれる可能性はある。中沢敏明が、山田洋次のように自分が描いたものを貫徹できるかどうかも成功の鍵を握るはずだ。

『芸能スキャンダルという快楽』(鹿砦社)の中に、「テレビをダメにしたジャニーズ事務所」という読み物がある。木村拓哉が「武士の一分」という山田洋次監督の時代劇に出たときの話が書かれている。
映画『武士の一分』での出来事だった。この映画を撮ったのは『男はつらいよ』を撮り続けた山田洋次監督である。その山田監督からのお声がかかったキムタクこと木村拓哉は映画初出演でもあった。
 山田監督とキムタク。山田監督は日本を代表する監督だとすれば、キムタクはさながら日本を代表するスーパースターということになろう。かつて映画『影武者』撮影では、黒薄明監督と日本一のB級スターの勝新太郎がぶつかったことがある。お互いに譲らない気骨のある監督と俳優だけに、案の上、激突して勝新が映画を降りることになった。
 果たして山田監督とキムタクはぶつかったのか…。実はぶつかっていた。まずキムタクのスケジュールのために山形ロケをできなかったりするなど山田監督は譲りに譲った。俳優のスケジュールに合わせてスケジュールを調整することなど、かつて山田監督には全くなかった。だが監督はキムタクのスケジュールに合わせたのだ。
 そしてキムタクは、現場では、山田監督にアイデアを出した。例えば剣の先にトンボが留まるシーンなど次々とアイデアを出し、山田監督も撮影に応じた。山田監督は柔軟である。人と喧嘩をしたという話を聞いたことがない。キムタクのアイデアを全て取り入れて撮影をした。
 映画は完成した。だが、キムタクのアイデアのシーンは全く使われていない。山田監督はキムタクのアイデアを一切無視した。この映画は、山田監督の作品でありキムタクの作品ではない。キムタクは俳優という素材にしかすぎないのだ。
 キムタクは文句ひとつ言えなかった。そして山田監督も黙して語らずだが、今後キムタクを使うことはない、というのが映画関係者の一致した見方でもある。山田監督の完勝だった。

その稿はさらに、「今、テレビ局に山田監督のような真似をできるだろうか」と書かれている。巨匠・山田洋次と、替えがいくらでもいるテレビ局のスタッフでは比べるべきものではないかもしれないが、テレビに「長いものには巻かれよ」という発想があることは間違いない。

ジャニーズ事務所について関心のある方なら、『芸能スキャンダルという快楽』(鹿砦社)は一読の価値がある。なお、木村のテレビや映画出演を巡るトラブルや裏話などは、『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)に詳しい。

【同書の目次】
第1章 黎明期(1962年〜1968年)
第2章 試行錯誤(1969年〜1974年)
第3章 試練(1975年〜1979年)
第4章 起死回生(1980年〜1992年)
第5章 発展期(1993年〜1999年)
第6章 近代化(2000年〜2008年)

【本書に登場するジャニーズタレント(OB含む)】
中谷良、あおい輝彦、真家ひろみ、飯野おさみ、北公次、江木俊夫、青山孝、おりも政夫、小谷純、やなせかおる、行田和彦、岡典雄、郷ひろみ、豊川誕、井上純一、川崎麻世、田原俊彦、近藤真彦、野村義男、内海光司、大沢樹生、諸星和己、佐藤寛之、山本淳一、佐藤敦啓、田代秀高、赤坂晃、東山紀之、錦織一清、植草克秀、平本淳也、米花剛史、森且行、中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬哲也、堂本光一、堂本剛、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一、大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤、滝沢秀明、今井翼、亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一、澁谷すばる、錦戸亮、丸山隆平、安田章大、大倉忠義、村上信五、横山裕、山下智久、小山慶一郎、加藤成亮、増田貴久、手越祐也、森内貴寛、内博貴、草野博紀、中島裕翔、風間俊介、中丸雄一、有岡大貴、山田涼介ほか

【参考図書】

『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)

『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)

香取慎吾『黒部の太陽』会見。意外と古いジャニーズ事務所と石原裕次郎の接点

25日、香取慎吾が出演するフジテレビ開局50周年記念ドラマ『黒部の太陽』(3月21、22日後9・00)のクランクアップ会見が報じられている。

撮影は昨年10月から4カ月。製作費も「連続ドラマ2クール分(約20話)ができる金額」(2月26日9時22分配信 デイリースポーツ)だそうだ。ざっと試算すると10億円に上る超大作。「『黒部』には不景気は見えません。至るところに大金が積まれています! 本当に不況なのか?というくらい」と香取が言うのもわかる。これも局の威信をかけた作品なのだろう。

ジャニーズ事務所と石原裕次郎の接点は意外と古い。今を遡ること44年前の1965年5月、ミュージカル『焔のカーブ』(日生劇場)に、ジャニーズの4人組は北大路欣也、朝丘雪路、鹿内タカシ、長沢純、日下武史らとともに出演したが、演出が石原慎太郎だった。ジャニーズ事務所にとっては、というよりジャニー喜多川にとって待望のミュージカル初出演だった。

同名の歌もジャニーズはリリースしているが、1976年10月21日に、JJS(ジャニーズ・ジュニア・スペシャル)によってカバーされた。石原慎太郎原作のドラマ『太陽の季節』には滝沢秀明が出演している。

そして、何より石原裕次郎と記念ドラマといえば2004年11月17日〜21日、テレビ朝日でドラマ『弟』が5夜連続10時間(実質9時間)放送された。原作は石原慎太郎の『弟』(幻冬舎)。つまり、タイトルの「弟」とは石原裕次郎のことである。裕次郎の生涯を兄の視点で描いた。構想6年。総製作費は国内外のロケで15億円を組み、視聴率が5夜合計で119%に達した。

このとき、ジャニーズ事務所の長瀬智也は、2001年の映画初出演作『ソウル』の演技で翌2002年の第15回石原裕次郎新人賞を受賞した縁で、慎太郎の17〜39歳を演じた。ジャニーズ事務所のタレントがドラマに出演することはめずらしい話ではないが、局の威信をかけた大型ドラマの重要な役どころを演じたことで、長瀬の俳優としての評価はグンと高まった。

おそらくは香取も、この大作に出たことで今後は名優としての座が約束されるのだろう。

ジャニーズタレントやフォーリーブスの歩みについては、『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)に詳しく書かれている。ファンはぜひご一読いただきたい。

また、SMAPや各メンバーのデビューからこんにちまでの歩みは、『永久保存版 SMAP二十歳』(鹿砦社)で全てが網羅されている。ファンならずともご一読をお勧めする。


『【永久保存版】SMAP二十歳』
鹿砦社刊
B6判/272ページ/ソフトカバー装
定価1500円(本体1429円+税)
SMAP結成20周年記念出版
SMAPは、いかにして国民的グループになったのか?ーその20年の軌跡を辿る。


【同書の主な内容】
1.SMAP history(スマップ・ヒストリー)
2.SMAP personal data(スマップ・パーソナル・データ)
3.SMAP omnibus(スマップ・オムニバス)
4.SMAP data(スマップ・データ)

【参考図書】

『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)

『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)

香取慎吾はサッカー!ジャニーズタレントとスポーツ中継の絡み

SMAPの香取慎吾が、サッカーW杯アジア最終予選オーストラリア戦(テレビ朝日系で中継)で、日本代表の応援団長を務めた。昨年8月、最終予選を前に同局の応援団長に選ばれていた。試合結果は引き分けだった。

ジャニーズ事務所は、スポーツ番組に対して積極的である。テレビ局側も事務所側も、新たなファンの開拓のためお互いにとって価値ある仕事だと思っているわけだ。

古くは、新日本プロレス中継で最悪の評判だった「ギブアップまで待てない」では男闘呼組が起用された。最近ではバレーがNEWS、野球は中居正広がお馴染みだ。

ただし、タレントがスポーツ中継に絡むのは今も賛否両論がある。

SMAPのデビューからこんにちまでの歩みは、『永久保存版 SMAP二十歳』(鹿砦社)で全てが網羅されている。ファンならずともご一読をお勧めする。


『【永久保存版】SMAP二十歳』
鹿砦社刊
B6判/272ページ/ソフトカバー装
定価1500円(本体1429円+税)
SMAP結成20周年記念出版
SMAPは、いかにして国民的グループになったのか?ーその20年の軌跡を辿る。

【同書の主な内容】
1.SMAP history(スマップ・ヒストリー)
2.SMAP personal data(スマップ・パーソナル・データ)
3.SMAP omnibus(スマップ・オムニバス)
4.SMAP data(スマップ・データ)

【参考図書】

『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)

『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)


香取慎吾のCMが2位、CM好感度調査

CM総合研究所調べによる(2008年11月20日〜12月19日のデータを基に算出)「CM好感度調査」で、吉永小百合と香取慎吾をテレビとブルーレイディスクに見立てた「AQUOS いっしょになりました」(シャープ)が2位になった。40代以上の男性を中心に支持を集めたそうで、香取人気というよりも小百合人気のようである。

また、木村拓哉と稲垣吾郎が出ている「フレッツ 光・テレビに光を」(NTT東日本)は、18歳以上の女性の人気が強かった正真正銘、SMAP人気で3位。今、ジャニーズタレントでもっとも勢いがあるといわれるは「au 朝のはじまり」(KDDI)で5位に食い込んでいる。

ちなみに、1位は白い犬が父親役で登場するソフトバンクモバイル。12カ月連続のトップだ。「サザエさん」に登場する子供たちの25年後を描いた「OTONA GLICO 仕事&屋台」(江崎グリコ)も4位につけた。

1位・ソフトバンクモバイル/SoftBank ダイエット(松坂慶子)
2位 シャープ/AQUOS いっしょになりました(吉永小百合と香取慎吾)
3位 NTT東日本/フレッツ 光・テレビに光を(木村拓哉と稲垣吾郎)
4位 江崎グリコ/OTONA GLICO 仕事&屋台(小栗旬と瑛太)
5位 KDDI/au 朝のはじまり(嵐)

CMを含む、ジャニーズタレントの過去の仕事についてのデータや解説は、『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)に網羅されている。ファンはぜひご一読いただきたい。

【同書の目次】
第1章 所属タレントプロフィール
第2章 ジャニーズ事務所・タレントの事件簿
第3章 所属タレントの熱愛遍歴
第4章 リリース
第5章 CM出演歴
第6章 テレビ出演
第7章 映画出演
第8章 用語解説

【本書に登場するジャニーズタレント】
近藤真彦、内海光司、岡本健一、佐藤アツヒロ、大沢樹生、少年隊(錦織一清、植草克秀、東山紀之)、SMAP(中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、森旦行)、TOKIO(城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也)、V6(20th Century/坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、Coming Century/森田剛、三宅健、岡田准一)、KinKi Kids(堂本光一、堂本剛)、嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)、タッキー&翼(滝沢秀明、今井翼)、NEWS(小山慶一郎、錦戸亮、山下智久、増田貴久、加藤成亮、手越祐也)、テゴマス(増田貴久、手越祐也)、関ジャニ∞(横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義)、KAT-TUN(亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一)、Hey! Say! JUMP(Hey! Say! BEST/薮宏太、高木雄也、伊野尾慧、八乙女光、有岡大貴、Hey! Say! 7/岡本圭人、山田涼介、中島裕翔、知念侑李、森本龍太郎)

【参考図書】

『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)

『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)


稲垣吾郎だけではない、SMAPの結婚問題

現在、ジャニーズタレントの中で「結婚」を噂されているのは稲垣吾郎と菅野美穂。だが、交際期間が長いタレントは他にもいる。たとえば、SMAP最年少、といってもすでに三十路を超えた香取慎吾がそうだ。

ファンなら誰でも知っていることだが、香取には長年つきあっている恋人、A子さんがいる。彼女との熱愛が初めて報じられたのは1996年12月。2歳年上のA子さんが住むマンションに、香取が週1回のペースで“お泊まり”していると『FRIDAY』(1997年1月10・17日号)が報じたのである。

1997年の時点で家族公認の仲だったのだから、“内縁の妻”といってもいい。交際期間はすでに15年目を迎えている。A子さんは香取より2歳年上だから今年で33歳。いい加減、香取は男としてのけじめをつけるべきではないだろうか。

香取の熱愛報道は、『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)に詳しい。

◆リンク記事
中居正広クンのアレで改めて議論が沸騰!
【参考図書】
『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)
『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)
『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)


「石原」とジャニーズ事務所の接点

11日付「日刊スポーツ」によると、石原裕次郎の代表作映画「黒部の太陽」が香取慎吾主演でドラマ化(フジテレビ)されるという。フジ開局50周年記念ドラマで10月上旬に収録を開始、来春放送の予定だ。
 「黒部の太陽」は黒部峡谷を切り開き、日本最大級のダム「黒部ダム」の建設にかかわった男たちを描いた。裕次郎さんが初めて本格的に映画製作に乗りだし、所属会社以外の作品には出演できない大手映画会社が定めた「5社協定」を超えて、三船敏郎さんとの共演が実現。68年に公開され、当時戦後最大のヒットとなった。スケールの大きさから「スクリーンで楽しんでほしい」という裕次郎さんの意向もあり、いまだにビデオ、DVD化されていない、幻の大作だ。
 ドラマは人物、内容とも、映画に比べ木本正次氏の原作に忠実なものになる。物語はダム建設の中でも最大の難工事といわれた大町トンネル工事に焦点を当てた。裕次郎さんが演じた大卒のエリート設計技師は原作の複数の人物がモデルになったが、今回はそのうちの1人に絞り、地元出身で、トンネル工事の最前線で奮闘する、作業員の若きリーダーとした。香取の体格の良さを生かし、骨っぽい人物像を前面に出す。
 香取は「自分が生まれる前にできた超大作としてタイトルだけは知っていました。歴史的名作、映画『黒部の太陽』に敬意を表し、しっかりと演じたいと思います。ダムを完成させた方々をはじめとして当時の皆さんの苦労があってこそ、今の日本があるということを、このドラマを通じて視聴者の皆さんに伝えられたら」と意気込んでいる。
 また、小林(薫)は三船さんが演じた関西電力のダム工事責任者を演じる。映画とは役名が変わるが、大幅にイメージが変わることはないという。ベテラン演技派俳優の起用で、自然と戦う男たちの姿を英雄的に描くだけでなく、苦悩や悲しみを浮き彫りにする人間ドラマに仕上げる。
 映画では、トンネルの大出水シーンなどで俳優やスタッフが負傷するほどの迫力あるシーンも見どころの1つだった。ドラマでももちろん、大出水シーンを再現。全編にCGを利用し、映画に負けない迫力を目指す。
石原裕次郎とジャニーズ事務所といえば、2004年11月17日〜21日、テレビ朝日でドラマ『弟』が5夜連続10時間(実質9時間)放送された。原作は石原慎太郎の『弟』(幻冬舎)。裕次郎の生涯を兄の視点で描いた。構想6年。総製作費は国内外のロケで15億円を組み、視聴率が5夜合計で119%に達した。

ジャニーズ事務所の長瀬智也は、2001年の映画初出演作『ソウル』の演技で翌2002年の第15回石原裕次郎新人賞を受賞した縁で、慎太郎の17〜39歳を演じた。

少し昔になるが、1965年5月、ジャニーズの4人組は、「焔のカーブ」(日生劇場)というミュージカルに出演。北大路欣也主演。朝丘雪路、鹿内タカシ、長沢純、日下武史らが出演し、石原慎太郎が演出している。和製ミュージカルとして注目を集め盛況だったという。

そのほか、石原慎太郎原作のドラマ『太陽の季節』に滝沢秀明が出演したことがある。

ジャニーズ事務所のタレントがドラマに出演することはめずらしい話ではないが、長瀬は局の威信をかけた大型ドラマの重要な役どころを演じたことで、俳優としての評価はグンと高まった。

果たして香取はどうだろうか。

ジャニーズタレントがどのような仕事をどのような背景で取り組んだかは、『ジャニーズイミダス』(ともに鹿砦社)が詳しい。

◆リンク記事
誰の責任?悪気を知らないジャニーズタレントたち


1
Copyright © 香取慎吾 | ジャニーズ・春夏秋冬 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN