ジャニー喜多川 | ジャニーズ・春夏秋冬

話題のリリース!
KAT-TUN -NO MORE PAIИ- WORLD TOUR 2010 [初回限定盤] [DVD]

KAT-TUN -NO MORE PAIИ- WORLD TOUR 2010 [初回限定盤] [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェイ・ストーム
  • メディア: DVD

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

ジャニー喜多川の苦悩

ジャニー喜多川が苦悩しているという。といっても、ホモセクハラ問題ではない(笑)

「東京スポーツ」(2009年3月5日付)によると、東山紀之とともに「少年隊」のメンバーである錦織一清と植草克秀の処遇に頭を痛めているというのだ。

「ヒガシの“仕事人”は一応、2クール目の放送が決まりましたが、肝心の視聴率が良くない。その上、錦織と植草の仕事がなかなか決まらず、一後輩の舞台へのゲスト出演で急場をしのいでいる。ジャニー喜多川さんとしては悩みの種ですよ」(レコード会社関係者)(中略)
 少年隊は昨年、ライフワークとしていた舞台「PLAY ZONE」を卒業。3人とも40歳を過ぎたことから解散も噂されていた。
「ヒガシは主役の仕事を取れますが、錦織と植草は難しい。仕方なく錦織は1月に後輩の滝沢秀明の舞台に特別出演で入れた。植草も堂本光一の舞台に同じように特別ゲストで出演させてました」(舞台関係者)。東山もこけなければいいが…。

「視聴率が好調で2クール目も延長」と報じたメディアもあったが、回を追うごとに視聴率はジリ貧。「好調」なわけがないのだ。記念番組という局のメンツと、ジャニーズ事務所の肝いり番組を惨めにしないための延長であることは誰の目にも明らかだった。

同紙では、錦織と植草を「不良債権」などと書いているが、ジャニーズ事務所もこれだけたくさんのタレントを抱えると、目立たないがそう呼ばれても仕方ないタレントもまだいるのではないか。誰とは書かないが……。

ジャニーズ事務所の歩みについては、『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)に詳しく書かれている。ファンはぜひご一読いただきたい。

【同書の目次】
第1章 黎明期(1962年〜1968年)
第2章 試行錯誤(1969年〜1974年)
第3章 試練(1975年〜1979年)
第4章 起死回生(1980年〜1992年)
第5章 発展期(1993年〜1999年)
第6章 近代化(2000年〜2008年)

【本書に登場するジャニーズタレント(OB含む)】
中谷良、あおい輝彦、真家ひろみ、飯野おさみ、北公次、江木俊夫、青山孝、おりも政夫、小谷純、やなせかおる、行田和彦、岡典雄、郷ひろみ、豊川誕、井上純一、川崎麻世、田原俊彦、近藤真彦、野村義男、内海光司、大沢樹生、諸星和己、佐藤寛之、山本淳一、佐藤敦啓、田代秀高、赤坂晃、東山紀之、錦織一清、植草克秀、平本淳也、米花剛史、森且行、中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬哲也、堂本光一、堂本剛、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一、大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤、滝沢秀明、今井翼、亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一、澁谷すばる、錦戸亮、丸山隆平、安田章大、大倉忠義、村上信五、横山裕、山下智久、小山慶一郎、加藤成亮、増田貴久、手越祐也、森内貴寛、内博貴、草野博紀、中島裕翔、風間俊介、中丸雄一、有岡大貴、山田涼介ほか

【参考図書】

『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)

『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)



ウィキの「ジャニー喜多川・所属タレント『セクハラ』裁判」一部記述削除を批判する

ウィキペディア(Wikipedia)というサイトがある。インターネットの百科事典だそうだ。しかし、実際には誰でも書き込める掲示板のようなものとかわらず、その確度は怪しい。もちろん、全てがダメというのではなく、真面目に書かれたものもたくさんある。だからこそ、個人的な感情で書き加えたり削ったりするのは残念なことである。

そのウィキで、ジャニーズ事務所のオーナーである「ジャニー喜多川」を検索すると、今まで書かれていた所属タレントの「セクハラ」に関する記述が、最近になって削除されたり一部戻されたりしていることに気付く。

理由をみると、記述の一部が、その問題に言及した書籍を多数出している出版社である「鹿砦社の言い分だから」ということになっている。本当にそうなのか、真実を判断していただくために、削除された部分と復活した部分とを列挙しておく。

続きを読む

稲垣吾郎事件、カレンダー利権、ジャニー喜多川ホモセクハラに詳しい書籍


『平成の芸能裁判大全』(鹿砦社)
芸能裁判研究班編著
A5判/200頁/並製 定価1,575円(本体1,500円+税)

なぜか軽んじられる芸能裁判??本書は平成に入ってからの主な芸能裁判と採り上げ、詳細に解説を加えた初の試み。A級の史料的価値!! 岡留安則『噂の真相』編集長、文藝春秋法務部、日弁連「人権と報道に関する調査研究委員会」へのインタビュー収録。大衆ジャーナリズムの反映としての芸能裁判の持つ意味を究明!!

【本書の内容】

■第一章 
人権(名誉棄損、肖像権など)
ジャニーズ事務所/デヴィ夫人/稲垣吾郎/花田勝/川崎麻世/大原麗子/藤田憲子/尾崎豊夫人/芳村真理/野村沙知代/和泉元彌/貴乃花親方

■第二章
金銭トラブル
ライジングプロダクション/野村沙知代/織田無道/佐久間良子/石川さゆり/島田楊子/泉ピン子/美川憲一/大西結花/松方弘樹/坂田利夫

■第三章
薬物事件
江木俊夫/槇原敬之/いしだ壱成/中島らも  ほか

■第四章
再犯・再々犯
克美しげる/豊川誕/田代まさし/翔(元横浜銀蝿)/西川隆宏(元ドリームス・カム・トルゥー)/藤井モウ(元大川興業)/岡崎聡子

■第五章
その他
梅宮辰夫/加勢大周/沢田亜矢子・松野行秀/鈴木亜美/千堂あきほ/萩原聖人/横山ノック/飯島直子/久保純子/清水国明/清水ひとみ/鈴木保奈美/せんだ光雄/そのまんま東/名高達男/原仁美/坂東玉三郎/堀ちえみ/松田聖子/奈美悦子

■第六章
表現の自由と人権について インタビュー
眞田範行(日弁連「人権と報道に関する調査研究委員会」委員)
岡留安則(『噂の真相』編集長)
文藝春秋社長室 法務・広報部


ジャニーズ事務所のホモセクハラが表沙汰になった日

2004年に最高裁で確定した「ジャニー喜多川のホモセクハラ」。最初にこれがマスコミで話題になったのはそこから37年前のちょうど今頃に遡る。

1967年、ジャニー喜多川とジャニーズの4人組が新芸能学院を離れてジャニーズ事務所として独立するにあたり、学院に彼らの授業料やスタジオ使用料、宿泊費、食費など270万円が未払いであるとして、学院の代表者がジャニー喜多川を訴えた。

その際、代表者はジャニー喜多川による「ホモセクハラ行為による引き抜き」であることを法廷で明らかにしたのだ。

今では考えられないことだが、当時、『女性自身』(67年9月25日号)が「ジャニーズを巡る“同性愛”裁判」というタイトルで記事にした。それによると、同年9月11日には、16回目の公判でジャニーズの4人組が初めて証言台に立ったという。生々しい証言はそのまま再現されている。

あおい輝彦の答弁 弁護士 学院をやめた理由のひとつとして、いかがわしい事件があったと他の証人たちがいっていますが、あなたはそのことを知っていますか? あおい ××××××××× 弁護士 ジャニー喜多川氏が行ったといわれる同性愛的ないかがわしい行為のことですよ。 あおい ××××××××× 中谷長の答弁 弁護士 学院を出た理由が何か知っていますか? 中谷  ××××××××× 真家ひろみの答弁 弁護士 あなたと同期生の秋本くんは喜多川氏にいかがわしい行為をされましたが、あなたは何もされませんでしたか? 真家  ××××××××× 弁護士 たとえば、うしろからいきなり抱きつかれた、というようなことは? 真家 ×××××××××
結局セクハラに関しては、この裁判と直接関係がないとし、徹底的な糾明が行われることはなかった。 ×××については、『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)に詳しく掲載されている。

【参考図書】 『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社) 『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社) 『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)

◆リンク記事 岡田准一と蒼井優は“公認カップル”?


ジャニーズタレントの変則デビュー

ジャニーズ事務所のタレントといえば、ジュニアのうちからバックダンサーなどで主力タレントと抱き合わせでお披露目。次ぎにドラマやバラエティなどに出演して顔を売る。そして歌のデビューは最後に行う。これは、元祖ジャニーズの4人組からHey!Sey!JUMPまで貫かれてきたパターンである。

歌を最後にすることで、ファンに待望論を抱かせる。知名度をアップすることで従来の歌手が行ってきたキャンペーンなどを行わなくていい、などいろいろな理由がいわれるが、かつてジャニーズ事務所の一員だった郷ひろみは、自著『たったひとり』(小学館)でこう言っている。

 ジャニーズ事務所はいまでもそうらしいが、芸能界に足を踏みいれてキョトキョトしているときに、有無をいわさずステージにあげてしまうやり方なんだ。レッスンなんかはあとまわし。とにかく現場を踏ませてしまう。そのときはもう夢中だから、あがってるゆとりもありやしないってわけだ。
 信じられないけれど、ぼくはダンスでもボーカルでも演技でも、レッスンらしいレッスンなんか受けたことはない。あそこはこうやれ、ここはこうと、ジャニーさんからステージングなんか教えられた。フォーリーブスからも教わった。でも、それは楽屋とかステージの袖とかで、コチョコチョてなもん。それでステージにポーンと出ちゃうわけ。
 徹底した現場主義。理論よりも実践。仕事するなかで、いろいろなことをマスターしていくわけ。この場数を踏むというのは、大切なことなんじゃないかな。へんなたとえだけど、いろいろな格闘技のトレーニングを積むよりも、実際に喧嘩をしたやつのほうが強いっていうよね。場数を踏むことで、場慣れもするし、呼吸や気合いものみこめる。現場というのは、待ったなしのギリギリの場だから、要領をマスターするのも早い。ジャニーさんのやり方が、徹底してこれ。ひとつでも場数を踏ませるやり方。別のいい方をすれば、経験主義ということになるかな。
 ジャニーさんのこのやり方は、ぼくにとつてはよかったと思う。きちんとレッスンして、準備万端整えて、はい、それからデビューなんてことだったら、ぼくの性格からいって、尻込みしたり、気後れしたりして、思うようにならなかったかもしれない。
 ジャニーさんは、自分のいうとおりに、すべてまかせてやればいいんだ、といった。そしてたしかにそのとおりになった。ぼくはジャニーさんをとことん信頼した。というより、ジャニーさんはぼくにとって絶対的な存在になった。
もちろん、ジュニアの時点で適性を見極められ、そこからふるいに掛けられることはいうまでもない。今やメディアを支配している同事務所は、これからも「経験主義」で次々新しいタレントが登場するのだろう。それにあらがえるようなメディアや芸能プロダクションはないのだろうか。

◆リンク記事
キムタクの叩き記事、読みたいですか?


1
Copyright © ジャニー喜多川 | ジャニーズ・春夏秋冬 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN