長瀬智也 | ジャニーズ・春夏秋冬

話題のリリース!
KAT-TUN -NO MORE PAIИ- WORLD TOUR 2010 [初回限定盤] [DVD]

KAT-TUN -NO MORE PAIИ- WORLD TOUR 2010 [初回限定盤] [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェイ・ストーム
  • メディア: DVD

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

長瀬智也の刑事ドラマ

<注目ドラマ紹介>「うぬぼれ刑事」長瀬、クドカンコンビが送る異色の刑事コメディー

7月9日17時0分配信 まんたんウェブ
<注目ドラマ紹介>「うぬぼれ刑事」長瀬、クドカンコンビが送る異色の刑事コメディー
拡大写真
ドラマ「うぬぼれ刑事」の1シーン=TBS提供
 人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さん主演で、“クドカン”こと宮藤官九郎さん脚本のドラマ「うぬぼれ刑事」(TBS系)が9日からスタートする。長瀬さん演じる「うぬぼれ刑事」が、毎回容疑者にほれてしまい「結婚してくれるなら逮捕しない」とプロポーズするという前代未聞のストーリー。5年ぶり3 度目のタッグを組む長瀬さんと宮藤さんという強力コンビが送る異色の刑事コメディーだ。

 ドラマは、“超恋愛体質”で捜査に支障をきたすほどほれっぽく、うぬぼれやすいことから同僚から「うぬぼれ」と呼ばれている独身刑事(長瀬さん)が主人公。悩んだ末に逮捕状と婚姻届を用意し、「結婚してくれるなら逮捕しない」と犯人にプロポーズするという前代未聞のストーリーが1話完結で展開される。生田斗真さん、中島美嘉さん、荒川良々さん、西田敏行さんらが脇を固める。うぬぼれ刑事がほれてしまう容疑者役には、蒼井優さん、加藤あいさん、小泉今日子さん、戸田恵梨香さん、中村七之助さん、樋口可奈子さん、三田佳子さん、薬師丸ひろ子さんら女性のみならず男性も含む豪華ゲストを迎える。

 長瀬さんは「恋愛体質の刑事ということで、当たり前ですけど今までやったことありませんので、自分にしかできないキャラクターができたらいいなと思っています。一人一人のキャラクターも濃いし、1話ごとに豪華な女優さんが出演してくれるので、その人たちとの絡みも含めて本当に盛りだくさん。今まで絶対に見たことない刑事ドラマになってます。W杯のようにこのドラマが盛り上がればいいなと思ってます」とアピールしている。

 長瀬さんと連続ドラマ初共演となる生田さんは、うぬぼれ刑事行きつけのバーの常連客で“うぬぼれ俳優”の本城サダメ役。西田さん演じるうぬぼれ刑事の父・葉造が書いた小説がドラマ化され、その“劇中劇”に登場するという。同じく初共演の中島さんはうぬぼれ刑事の元恋人で、荒川さん演じるうぬぼれ刑事の相棒・冴木刑事の妻という役どころ。中島さんは「主婦の役も初めてですし、とにかくすべてが初めてなので、毎回、撮影のときに緊張するんですけど、一生懸命みなさんの足を引っ張らないように頑張ります。本当に見ていてハッピーになれる楽しいドラマだと思います」と語っている。

 うぬぼれ刑事を取り巻く「うぬぼれた仲間たち=うぬぼれ5(ファイブ)」のメンバーには、うぬぼれ俳優のほか、要潤さん演じる“うぬぼれパティシエ”、お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼さん演じる“うぬぼれカメラマン”、坂東三津五郎さん演じる恋愛心理学者の“うぬぼれ心理学者”と強烈なキャラクターがそろった。

 長瀬さんと宮藤さんのコンビは00年の「池袋ウエストゲートパーク」、05年の「タイガー&ドラゴン」以来、5年ぶり3度目。宮藤さんにとっては初めてのオリジナル刑事ドラマで、今回は一部演出も手がけている。主題歌にはシンガー・ソングライターの玉置浩二さんが作詞・作曲を手がけたTOKIOの「NaNaNa(太陽なんていらねえ)」を起用した。9日から毎週金曜午後10時放送で、初回放送は15分拡大版。(毎日新聞デジタル)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100709-00000017-mantan-ent

☆うぬぼれ刑事☆

宮藤官九郎 初となる刑事ドラマで、ドラマ『 タイガー &ドラゴン』以来約5年ぶりとなる、クドカン×長瀬智也タッグによる作品でございまする☆彡 主人公は、超 恋愛 体質で捜査に支障をきたすほどほれっぽく

>> More

へいへいへ〜い…長瀬智也「うぬぼれ刑事」第1話

ドラマではありません… TBS 金曜22時 「うぬぼれ刑事」第1話 主演―長瀬智也 脚本、演出―宮藤官九郎 クドカンが作ると刑事ドラマはこうなる…っていう刑事ドラマのパターンをおちょくるような遊び心と皮肉さが、このドラマの身上です。

>> More

クドカン×長瀬智也「うぬぼれ刑事」!

サスペンスと ラブストーリーと コメディの刑事ドラマだとさ もひとつ言わせてもらえば マンガチック! まぁ この顔ぶれ 個性派が揃いすぎで ギラギラしていて 私には 顔も演技もクドイというかケバイ感じだった こういうのを面白いと思って見るに

>> More

新番組「むぬぼれ刑事(でか)」長瀬智也さん描いてみました。

2010年 7月9日(金)22:00より 宮藤官九郎 とタッグを組む TOKIO の 長瀬智也 を迎え、 宮藤が描く初めてのオリジナル刑事ドラマで刑事役に挑む。 公式サイトより [ストーリー] [第1話] 去年までは本庁の強行犯捜査係のエースだったが

>> More



TOKIO☆長瀬智也☆ショップ写真7枚セット:楽オク中古品

※以下を必ずご確認ください。こちらは、楽天オークションへ参加している出品者より出品されている商品です。
このまま自動的に楽天オークションの商品ページへリンクいたします。
自動的にリンクしないお客様は、画像をクリックしてください。

 

 

長瀬智也が相武紗季に……

長瀬智也 相武紗季に愛のキラーパス連発?

6月30日7時4分配信 スポニチアネックス
 「TOKIO」の長瀬智也(31)が主演するTBSの連続ドラマ「うぬぼれ刑事」(7月9日スタート、金曜後10・00)の会見が29日、横浜市内で行われた。毎回容疑者にほれてプロポーズしてしまう役どころ。スポニチ本紙記者に「自身のプロポーズは近い?」と問われると「その質問はW杯だったらイエローカード」と、大好きなサッカーに例えた絶妙の切り返しを披露した。

 容疑者に次々プロポーズする、うぬぼれ刑事の恋愛体質に「恋愛をしていないと仕事がうまくいかないという気持ちは分かりますねえ」と共感した長瀬。

 仕事はこのドラマのほか、日本テレビ「24時間テレビ33 愛は地球を救う」(8月28、29日)のメーンパーソナリティーに決まるなど絶好調。発言からは、恋人の女優相武紗季(25)と順調に愛をはぐくんでいる様子がはっきりとうかがえた。

 劇中では、毎回悩んだ末に婚姻届と逮捕状を準備して「結婚してくれるなら逮捕をしない」と容疑者に迫る設定。記者が「本命容疑者へのプロポーズは近い?」と切り込むと、左手を高く掲げてカードを突きつけるポーズをとり「今のはW杯だったらイエローカードですよ」と笑顔で“警告”。サッカー好きらしい切り返しで質問をかわし、会見場を沸かせた。

 ただ、明るい表情と少し照れたようにほおをレッドに染めた様子は幸せいっぱいの証。ジャニーズ事務所は年内結婚について「ないです」と否定しているが、昨年の正月に相武の実家近くにある神社で初詣デートをするなど、2人が結婚を意識しているのは確実。今は互いに愛のパスをしながらゴールに向かっているところのようだ。

 W杯の日本代表についても言及。自信たっぷりのビッグマウスが、うぬぼれ刑事とだぶる本田圭佑(24)に魅力を感じており「プレーも技術も素晴らしい。いい顔してるし、見ていて凄く頼もしい」と絶賛。日本代表からは「元気をもらっている」と刺激を受けており「W杯のようにこのドラマも盛り上がれば。刑事ドラマの定義をぶっ壊していきたい」と意気込みを語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100630-00000046-spn-ent

吉野紗香、長瀬智也と相武紗季の目撃暴露はジャニーズへの復讐

吉野紗香オフィシャルブログ 黄色いお家 ■ 吉野紗香 - Wikipedia □参考記事 ■ 吉野紗香 ブログにご法度の実名出し 深夜に見かけた大物カップル暴露 ■ 吉野紗香が長瀬智也と相武紗季のデート現場目撃「素敵なカップルでした」。

>> More

芸能人が芸能人カップルのデート現場を目撃!しかも暴露しち ...

2007年末頃から交際が伝えられている長瀬智也と相武紗季 タレントの吉野紗香がブログで明かしている (※現在は削除済み) 吉野紗香が 男の人もかっこいいわと思っていたら カップルは長瀬智也と相武紗季だった そんな2人を見て吉野紗香は 「好き好き

>> More

相武紗季 デート現場目撃

吉野紗香が長瀬智也と相武紗季のデート現場目撃「素敵なカップルでした」。 2009年07月13日11時21分 / 提供:ナリナリドットコム デート現場の目撃情報がメディアを賑わせている長瀬智也と相武紗季のカップル。人気の芸能人同士だからといって隠れ

>> More



【関連記事】
長瀬智也と相武紗季の関係とは何なのか

ジャニーズタレントの恋愛遍歴については、『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)に詳しく紹介されている。ファンはぜひご一読いただきたい。


『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)
【同書の目次】
第1章 恋愛相関図1
第2章 恋愛相関図2
第3章 恋愛相関図3
第4章 ゴールイン+熱愛報道続行
第5章 封印したい下半身スキャンダル

「人生2勝1敗」の長瀬智也、“余命3日”をどう演じるか

26日、東京都江東区のZepp Tokyoでは2月7日公開の映画『ヘブンズ・ドア』(マイケル・アリアス監督)のプレミア試写会が開かれた。主演はご存じ、TOKIOの長瀬智也だ。福田麻由子やマイケル・アリアス監督らと舞台あいさつに出席した。

余命3日を宣告される男を演じた長瀬は「死を真正面から考えた。自分は何年生きるかわからないが、この先の人生は流れる時間が変わるのかなと思う」とコメントしている。

長瀬といえば2002年、第15回石原裕次郎新人賞を受賞したものの、興行収入としては主演映画『ソウル』が見事にコケ、主演ドラマ『ビッグマネー!浮世の沙汰は株しだい』(フジテレビ)、『やんパパ』(TBS)などが惨敗した。

しかし、その後、2004年11月に放送された『弟』(テレビ朝日)で石原慎太郎の17〜39歳を演じ、局の威信をかけた大型ドラマの重要な役どころを演じたことで、長瀬の俳優としての評価はグンと高まった。ちなみに同ドラマは、5夜連続10時間(実質9時間)放送されたが、視聴率が5夜合計で119%に達した。

また、私生活では浜崎あゆみに振り回された格好となったが、その後、すぐいくつかの熱愛報道があり、とくに相武紗季との関係は「本物」と注目されている。

つまり、順風満帆ではないが、経験を重ねて着実に自己実現をしている人生というわけだ。

そんな彼が「余命3日を宣告される男」をどう演じているのかが注目される。

長瀬智也の歩みについては、『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)に網羅されている。ファンはぜひご一読いただきたい。

【同書の目次】
第1章 黎明期(1962年〜1968年)
第2章 試行錯誤(1969年〜1974年)
第3章 試練(1975年〜1979年)
第4章 起死回生(1980年〜1992年)
第5章 発展期(1993年〜1999年)
第6章 近代化(2000年〜2008年)

【本書に登場するジャニーズタレント(OB含む)】
中谷良、あおい輝彦、真家ひろみ、飯野おさみ、北公次、江木俊夫、青山孝、おりも政夫、小谷純、やなせかおる、行田和彦、岡典雄、郷ひろみ、豊川誕、井上純一、川崎麻世、田原俊彦、近藤真彦、野村義男、内海光司、大沢樹生、諸星和己、佐藤寛之、山本淳一、佐藤敦啓、田代秀高、赤坂晃、東山紀之、錦織一清、植草克秀、平本淳也、米花剛史、森且行、中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬哲也、堂本光一、堂本剛、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一、大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤、滝沢秀明、今井翼、亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一、澁谷すばる、錦戸亮、丸山隆平、安田章大、大倉忠義、村上信五、横山裕、山下智久、小山慶一郎、加藤成亮、増田貴久、手越祐也、森内貴寛、内博貴、草野博紀、中島裕翔、風間俊介、中丸雄一、有岡大貴、山田涼介ほか

【参考図書】

『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)

『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)


長瀬智也と相武紗季

1月3日、兵庫県宝塚市にある大本山・中山寺の初詣デートを女性誌に報じられた長瀬智也と相武紗季。

2人はドラマ『歌姫』の共演がきっかけで交際したといわれている。もともとは相武の方が長瀬の大ファンだったという。

とくに障害がないので、このまま結婚するのではないかともいわれるが、ベテランカップルの多いジャニーズタレント。そうスンナリいくのだろうか。

長瀬といえば、どうしても浜崎あゆみとの交際が取り沙汰されるが、彼女との永すぎた春になった最大の原因が、“ジャニーズ幹部にとってどんなに長瀬が懇願しても、浜崎が結婚相手というのは絶対にNOだった”ことがあるといわれているる。

それは、浜崎あゆみが浜崎くるみと名乗っていた時代にあるといわれる。詳細は『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)をご一読いただきたい。

【同書の目次】
第1章 恋愛相関図1
第2章 恋愛相関図2
第3章 恋愛相関図3
第4章 ゴールイン+熱愛報道続行
第5章 封印したい下半身スキャンダル

【本書に登場するカップル(破局済みも含む)】
長瀬智也&相武紗季、山下智久&あびる優、田中聖&あびる優、田中聖&木口亜矢、田中聖&倖田梨紗、松本潤&北川景子、赤西仁&加藤ローサ、亀梨和也&堀北真希、亀梨和也&小泉今日子、田口淳之介&小嶺麗奈、松本潤&仲間由紀恵、松本潤&北川景子、中居正広&倖田來未、堂本光一&宮前真樹、滝沢秀明&鈴木亜美、木村拓哉&宮沢りえ、木村拓哉&カオリン、木村拓哉&工藤静香、香取慎吾&飯島直子、三宅健&安室奈美恵、坂本昌行&中澤裕子、稲垣吾郎&菅野美穂、井ノ原快彦&瀬戸朝香、山口達也&辺見えみり、城島茂&仁見、城島茂&森下里美、森田剛&希良梨、森田剛&上戸彩、国分太一&aikoほか

◆リンク記事
恋愛報道に見るジャニーズ事務所の“戦略の妙”

【参考図書】

『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)

『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)


長瀬智也、今さらあゆのことを聞かれても……

年末の『第59回NHK紅白歌合戦』に出演したTOKIOの長瀬智也が控室に戻る途中で、「浜崎さんが元気な姿を見せていましたが?」との報道陣の問いかけに「そりゃ良かったっす」とだけ答え、足早に去ったという。

当時、本人が破局の取材にまで応じているのに、今さらそんな質問をしてもどうかと思うが。そもそも、浜崎あゆみのけがについても、「そうですか。(けがは)知りませんでした」(12月31日付「サンケイスポーツ」)と他人事のように答えていたではないか。

どちらかというば、あゆにふりまわされた感のある当時の長瀬の苦悩は、『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)に詳しく出ている。また、『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)には、TOKIO結成から長瀬の合流、TOKIOの音楽性の高さ、長瀬の俳優としての積極的評価などが書かれている。ファンはぜひご一読いただきたい。

【同書の目次】
第1章 黎明期(1962年〜1968年)
第2章 試行錯誤(1969年〜1974年)
第3章 試練(1975年〜1979年)
第4章 起死回生(1980年〜1992年)
第5章 発展期(1993年〜1999年)
第6章 近代化(2000年〜2008年)

【本書に登場するジャニーズタレント(OB含む)】
中谷良、あおい輝彦、真家ひろみ、飯野おさみ、北公次、江木俊夫、青山孝、おりも政夫、小谷純、やなせかおる、行田和彦、岡典雄、郷ひろみ、豊川誕、井上純一、川崎麻世、田原俊彦、近藤真彦、野村義男、内海光司、大沢樹生、諸星和己、佐藤寛之、山本淳一、佐藤敦啓、田代秀高、赤坂晃、東山紀之、錦織一清、植草克秀、平本淳也、米花剛史、森且行、中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬哲也、堂本光一、堂本剛、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一、大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤、滝沢秀明、今井翼、亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一、澁谷すばる、錦戸亮、丸山隆平、安田章大、大倉忠義、村上信五、横山裕、山下智久、小山慶一郎、加藤成亮、増田貴久、手越祐也、森内貴寛、内博貴、草野博紀、中島裕翔、風間俊介、中丸雄一、有岡大貴、山田涼介ほか

◆リンク記事
ジャニーズタレントの事件はこうして起こる

【参考図書】
『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)
『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)
『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)
『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)


長瀬智也と相武紗季の交際

「東京スポーツ」(2008年11月28日付)で、長瀬智也と相武紗季の交際が取り沙汰されている。「『来春結婚』確信」と書き立てているのは梨元勝だ(梨元勝の特撮レポート)。
今月7日の長瀬の誕生日、東京・西麻布の小さなクラブを借り切ってパーティーが開かれ、そこで長瀬はシャンパン片手にDJブースへ乱入、マイクを持ち「来年はメークマリッジ(結婚)するんでよろしく!」と叫んだとか。相手の名こそ明かしていないが、相武のことを言っているのは参加者全員がわかったという。
長瀬智也の熱愛報道といえば、浜崎あゆみとの関係があまりにも有名だ。『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)には、その詳細が書かれている。

長瀬智也が浜崎あゆみと知り合ったのは、1993年に放送されたドラマ『ツインズ教師』の頃といわれる。まだ、その頃は「あゆ」ではなく「浜崎くるみ」だった。

最初の危機説は、『週刊文春』(2005年12月8日号)が報じたあゆとティムの「婚約スクープ」。これはやがて沙汰やみになった。「夕刊フジ」(2007年12月9日付)では、浜崎をよく知る知人のコメントとしてこう解説している。

「公式には認めませんが、浜崎とティムが仲がいいのは事実。が、結婚はありえない。浜崎がゲイバー通いが好きなのはすでに知られてますが、ティムも、その筋ではないか、と言われているんですよ」

いずれにしても、長瀬としては穏やかではなかったようだ。2006年、あゆがロスにレコーディングをしに渡米したとき、2人が一緒に帰国した様子が報じられたが、「あれは実のところ、浜崎が呼び出したというよりも、長瀬が心配で向かったという話」(「東京スポーツ」)という。あゆが二股をかけていたなら、コケにされているわけだが、にもかかわらず長瀬の一途な行為はちょっと悲しい。

そして、2007年7月15日更新の公式サイトで「突然の別れ」である。浜崎は「突然ですがっ、恋人とお別れしましたぁ」と終止符を打ったことを明らかにした。「報告!」と題したその文章は、ファンクラブ会員用のホームページだけでなく、エイベックス社長・松浦勝人のブログにも掲載された。

「別れ」が発表された直後の2007年8月初旬に行われた『non・no』のインタビューで、長瀬本人は「人間のタイプも仕事に対する考え方も、全く違った。でも、それが刺激になったし、心の余裕にもつながったと思う。相手もきっとあくせくした世界で頑張る中で、オレのマヌケな顔を見たりするのがゆとりだったのかもしれない」と語っている。

永すぎた春になった最大の原因は、“ジャニーズ幹部にとってどんなに長瀬が懇願しても、浜崎が結婚相手というのは絶対にNOだった”ことがある。

なぜ、エイベックスの稼ぎ頭、あゆではダメだったのか。それは同書に詳しく書かれているのでご覧頂きたい。同書には、相武との経緯も詳しく書かれている。

◆リンク記事 ジャニーズタレントの事件はこうして起こる

【参考図書】
『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)
『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)
『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)
『ジャニーズの歴史』(鹿砦社)


長瀬智也がソロで曲を披露

『ヘブンズ・ドア』の主演、長瀬智也がMTV Unplugged (エム・ティー・ヴィー アンプラグド)に出演しソロで曲を披露するという。

バラエティ番組『アイドル共和国』(テレビ朝日)で、「平家派」のメンバーだった城島茂山口達也がプライベートバンドを結成した。ジャニー喜多川がそれを「TOKIO BAND」と命名。事実上、TOKIの母体結成である。その翌年に国分太一松岡昌宏が同番組でSMAPのバックダンサーを務めたジャニーズJr.のユニット「SMAP学園」の選抜メンバーとして城島と合流。この3名がTOKIOを結成する。

長瀬智也は、その後に同グループ合流。つまり、グループ内では新参者だったわけだ。

彼らは男闘呼組の後継者のように言われるが、音楽性(男闘呼組はハードロック系、TOKIOはパワーポップ系)が異なるだけでなく、実力的な違いも決定的である。1993年の「第44回紅白歌合戦」以来、SMAPとTOKIは同番組の「ジャニーズ枠」として固定され、他のグループは出場歌手として出ていない。

さらに、長瀬は俳優としても、2004年11月17日〜21日、テレビ朝日でドラマ『弟』で、石原慎太郎の17〜39歳を熱演。ジャニーズ事務所のタレントがドラマに出演することはめずらしい話ではないが、局の威信をかけた大型ドラマの重要な役どころを演じたことで、長瀬の俳優としての評価はグンと高まった。

長瀬智也やTOKIOの歩みについては、『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)に紹介されている。ファンはぜひご一読いただきたい。

【同書の目次】
第1章 黎明期(1962年〜1968年)
第2章 試行錯誤(1969年〜1974年)
第3章 試練(1975年〜1979年)
第4章 起死回生(1980年〜1992年)
第5章 発展期(1993年〜1999年)
第6章 近代化(2000年〜2008年)

【本書に登場するジャニーズタレント(OB含む)】
中谷良、あおい輝彦、真家ひろみ、飯野おさみ、北公次、江木俊夫、青山孝、おりも政夫、小谷純、やなせかおる、行田和彦、岡典雄、郷ひろみ、豊川誕、井上純一、川崎麻世、田原俊彦、近藤真彦、野村義男、内海光司、大沢樹生、諸星和己、佐藤寛之、山本淳一、佐藤敦啓、田代秀高、赤坂晃、東山紀之、錦織一清、植草克秀、平本淳也、米花剛史、森且行、中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬哲也、堂本光一、堂本剛、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一、大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤、滝沢秀明、今井翼、亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一、澁谷すばる、錦戸亮、丸山隆平、安田章大、大倉忠義、村上信五、横山裕、山下智久、小山慶一郎、加藤成亮、増田貴久、手越祐也、森内貴寛、内博貴、草野博紀、中島裕翔、風聞俊介、中丸雄一、有岡大貴、山田涼介ほか

◆リンク記事
ジャニーズタレントの事件はこうして起こる

【参考図書】
『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)
『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)
『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)


長い交際が終止符を打った真相

浜崎あゆみが、長瀬智也との「突然の別れ」をサイトで発表したのは昨年の7月。「報告!」と題したその文章は、ファンクラブ会員用のホームページだけでなく、エイベックス社長・松浦勝人のブログにも掲載された。

2人が知り合ったのは、1993年に放送されたドラマ『ツインズ教師』の頃といわれる。まだ、その頃は「あゆ」ではなく「浜崎くるみ」だった。

芸能レポーターの川内朋子は破局の原因について、長瀬が事務所に義理立てしてなかなか結婚を言い出せなかったことで、浜崎には“優柔不断な男”と映り、我慢の限界で破局に踏み切ったのではないか、また、倖田來未など後輩の追い上げもあるから長瀬よりも仕事を選んだ可能性もある、などと分析している(「日刊ゲンダイ」2007年7月19日付)。

しかし、永すぎた春になった最大の原因は、“ジャニーズ幹部にとってどんなに長瀬が懇願しても、浜崎が結婚相手というのは絶対にNOだった”ことがある。

なぜか、それは、浜崎とジャニーズ事務所にはそうなって然るべき出来事があったのだ。それは、『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)に詳しい。

◆リンク記事
ジャニーズタレントの事件はこうして起こる 【参考図書】
『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)
『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)
『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)


1
Copyright © 長瀬智也 | ジャニーズ・春夏秋冬 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN