大沢樹生 | ジャニーズ・春夏秋冬

話題のリリース!
KAT-TUN -NO MORE PAIИ- WORLD TOUR 2010 [初回限定盤] [DVD]

KAT-TUN -NO MORE PAIИ- WORLD TOUR 2010 [初回限定盤] [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェイ・ストーム
  • メディア: DVD
大沢樹生 | ジャニーズ・春夏秋冬 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

元光GENJI・大沢樹生の激白!

元ジャニーズタレントの大沢樹生が、「東京スポーツ」(2008年11月20日付)で、自著(『昨夜未明、大沢樹生が死にました……』カンゼン)の宣伝を兼ねてインタビューに答えている。それによると、契約解除のために内容証明まで送ったという。
独占激白
大沢樹生
ジャニーズ退社時の新事実

「出版のきっかけは東スポさんなんですよ」
 大沢は昨年、本紙で連載記事に登場したが「それを見て興味を持ってくれた出版社があった。それで本を出すことになったんですよ」と明かした。
 光GENJIが人気絶頂だった94年にメンバーを脱退。ジャニーズ事務所との契約も解除した。「自分の目指すものが俳優に向いた。『アイドルをやりながら俳優もやる』という選択肢はなかったので…」。
 ジャニーズを辞めることは、94年1月に大沢から当時副社長だったメリー喜多川氏に切り出した。同書によるとメリー氏は「あ、そう」と言ったきり黙りこんでしまったという。さらにこの夜大沢は思い切った行動に出た。「本年度の誕生日をもってジャニーズ事務所との契約を解除します」と記した内容証明付きの書面を作成してジャニーズに送ったのだ。
 大沢は当時の心境を「書面上のことでもめたくなかったので、弁護士と相談して内容証明を送った。後でメリーさんには『そこまでしなくても』といわれました」と説明する。だが相手は“天下のジャニーズ”。「怖いもの知らずというか、若さゆえでしょう。でも今のジャニーズを見たら、タレントのやりたいことをさせないなんてことはないんですけどね。今思えば『そこまでして辞める必要はあったのかな?』とも思いますけど」。
 当時のアイドルは自由がほとんどなく、恋人がいるなんてことは考えられなかったが、今では既婚者でも人気の衰えない木村拓哉(36)のような存在もいる。
「今の彼らを見て『うらやましい』とは思わないが、『自由にやってるな』とは思いますね」。
 大沢はジャニーズを辞めた後、仕事がほとんどなくなった時期もあった。
「結婚して子供も生まれた後だったから収入が必要だった。その時は新聞の求人欄をよく見た。『タクシー運転手はいくらもらえる』とか『交通費支給だ』なんて思って。実際に応募することはなかったけど」
 また同書では、離婚した女優・喜多嶋舞(36)との間に生まれた息子を、今は大沢が引き取って育てていることなども赤裸々に記されている。
今月5日には再婚相手の元モデル・さやかさん(24)とバリ島で挙式。29日には都内で披露宴を行う大沢は「振り返ると自分の人生はいいか悪いかどっちかで真ん中がない。でもそろそろ落ちつきたい」と話した。(藤野達也)

かつて、郷ひろみがジャニーズ事務所を離れたときも同じようなことを述べている。『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)にはそれが紹介されている。

「率直にいおう。仕事に対する考え方が事務所とぼくとでズレが生じてきたってことなんだ。いつ、こういうことがあって、といったはっきりしたきっかけがあったわけではない。ぼく自身も意識しないうちに、そのズレは少しずつ隙間を広げ、気がついたときはすごく大きなものになっていた、といえると思う。

 とにかく、仕事仕事でなにかを考えるゆとりなんかない。目の前のことを追いかけるので精いっぱい。ひとつの仕事が終わる。と、ホッとする間もなく次の仕事が待っている。で、とにかくそれをやる。と、また次。毎日毎日がこんな状態の連続。

 自分のいまやっている仕事が、どの程度の評価に値するのか、なんて見当もつかない。いや、そんなことは考えられもしないんだ。このままやっていて、一年後、二年後、十牛後のぼくはどうなっているのか、なんてもちろんわかりもしない」(郷ひろみ『たったひとり』小学館)

豊川誕も、やはり同じようなことを述べて事務所を離れた。

かつて一世を風靡した数々のジャニーズタレントたちの離脱の真相については、『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)に詳しく紹介されている。ぜひご一読いただきたい。

【同書の目次】
第1章 黎明期(1962年〜1968年)
第2章 試行錯誤(1969年〜1974年)
第3章 試練(1975年〜1979年)
第4章 起死回生(1980年〜1992年)
第5章 発展期(1993年〜1999年)
第6章 近代化(2000年〜2008年)

【本書に登場するジャニーズタレント(OB含む)】
中谷良、あおい輝彦、真家ひろみ、飯野おさみ、北公次、江木俊夫、青山孝、おりも政夫、小谷純、やなせかおる、行田和彦、岡典雄、郷ひろみ、豊川誕、井上純一、川崎麻世、田原俊彦、近藤真彦、野村義男、内海光司、大沢樹生、諸星和己、佐藤寛之、山本淳一、佐藤敦啓、田代秀高、赤坂晃、東山紀之、錦織一清、植草克秀、平本淳也、米花剛史、森且行、中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬哲也、堂本光一、堂本剛、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一、大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤、滝沢秀明、今井翼、亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一、澁谷すばる、錦戸亮、丸山隆平、安田章大、大倉忠義、村上信五、横山裕、山下智久、小山慶一郎、加藤成亮、増田貴久、手越祐也、森内貴寛、内博貴、草野博紀、中島裕翔、風聞俊介、中丸雄一、有岡大貴、山田涼介ほか

◆リンク記事
ジャニーズ事務所、剣呑な「カレンダー利権」
【参考図書】
『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)
『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)
『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)


1
Copyright © 大沢樹生 | ジャニーズ・春夏秋冬 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN