東山紀之 | ジャニーズ・春夏秋冬

話題のリリース!
KAT-TUN -NO MORE PAIИ- WORLD TOUR 2010 [初回限定盤] [DVD]

KAT-TUN -NO MORE PAIИ- WORLD TOUR 2010 [初回限定盤] [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェイ・ストーム
  • メディア: DVD

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

東山紀之の連載は、ジャニー喜多川をどう語るのか

「自分自身の人生と生き方を再確認、再発見するために、この連載を始めることにしました。僕の『生き方』をどのように感じていただけるか楽しみです」(2008年12月21日更新「アサヒ・コム」)

東山紀之が、『週刊朝日』(2009年1月2ー9日号)からスタートした新連載コラムで、自らの波乱の生い立ちを赤裸々に告白して話題になっている。タイトルは「これまでと、これからと」。

同編集部は、起用理由を「歌も踊りも演技も完ぺきで、芸能界のアスリートというイメージがある今の東山さんがどう形成されてきたのか。とても興味深い」としている(同上)

それに応えて、第1回は苦労した生い立ちと隠していた苦悩が語られている。ひとつは、足のヤケドである。ロシア人の血を引く祖父が大酒飲みで、昼間、理容師の母が仕事に出ている問に酔って暴れ、ポットをひっくり返して熱湯が東山の足にかかったという。そのヤケドが原因で彼の左足は変形した。

東山の母は酒乱の血統を心配し、彼には「大人になってもお酒を飲んじゃいけないよ」と幼いころから口酸っぱく言い続けてきた。「おかげで僕は酒を飲んでも深酔いすることなく、大人になったら酔っ払いを介抱する側になった」という。

記事全文

東山紀之がコラムで出自を赤裸々告白

東山紀之が、『週刊朝日』でスタートさせる新連載コラムで、自らの波乱の生い立ちを告白。


「僕は父の名前も顔も知らない」「(母子3人の生活は)僕にとってはごく自然な光景であった」「(母が再婚し)新しい父を好きになれなかった」


両親の離婚や幼児期に負った足の大やけどなど、衝撃的な過去を淡々と赤裸々に明かしている。


ジャニーズタレントは、かつて在籍した井上純一や現在の櫻井翔のようなエリートタイプと、恵まれない生い立ちの者とがいる。東山は後者だったということか。


ジャニーズタレントのデビューの背景については、『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)に詳しく紹介されている。ファンはぜひご一読いただきたい。


【同書の目次】

第1章 黎明期(1962年〜1968年)

第2章 試行錯誤(1969年〜1974年)

第3章 試練(1975年〜1979年)

第4章 起死回生(1980年〜1992年)

第5章 発展期(1993年〜1999年)

第6章 近代化(2000年〜2008年)


【本書に登場するジャニーズタレント(OB含む)】
中谷良、あおい輝彦、真家ひろみ、飯野おさみ、北公次、江木俊夫、青山孝、おりも政夫、小谷純、やなせかおる、行田和彦、岡典雄、郷ひろみ、豊川誕、井上純一、川崎麻世、田原俊彦、近藤真彦、野村義男、内海光司、大沢樹生、諸星和己、佐藤寛之、山本淳一、佐藤敦啓、田代秀高、赤坂晃、東山紀之、錦織一清、植草克秀、平本淳也、米花剛史、森且行、中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬哲也、堂本光一、堂本剛、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一、大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤、滝沢秀明、今井翼、亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一、澁谷すばる、錦戸亮、丸山隆平、安田章大、大倉忠義、村上信五、横山裕、山下智久、小山慶一郎、加藤成亮、増田貴久、手越祐也、森内貴寛、内博貴、草野博紀、中島裕翔、風聞俊介、中丸雄一、有岡大貴、山田涼介ほか


◆リンク記事

ジャニーズタレントの事件はこうして起こる


【参考図書】

『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)



牧瀬里穂が結婚

牧瀬里穂が、交際中のファッションプロデューサーNIGOと16日に婚姻届を提出したという。NIGOは99年に元東京パフォーマンスドールの市井由理と結婚し、2002年に離婚している。

牧瀬といえば、東山紀之との長い交際が知られる。

「いま彼女と恋に落ちています」
『女性自身』(1991年12月24日、1992年1月1日合併号)は、東京・日生劇場の公演「バルセロナ物語」初日直前の東山紀之のコメントを冒頭から伝えた。牧瀬里穂は1990年10月にパーティーの席上で東山と出会い、口説き上手の東山にコロッと参ってしまったという(「日刊ゲンダイ」2002年11月10日付)。

95年5月には、新宿・歌舞伎町のゲイバーで、人目もはばからずイチャイチャした挙げ句に濃厚なキスをしたことまで目撃されている(『週刊現代』1996年1月27日号)

しかし、東山は極度の潔癖症や理不尽ないじめ等、人格的にいろいろ難しいという指摘もある(『KATーTUNへ』鹿砦社)。要するに扱いにくいということだろう。そんな東山の相手をつとめるのはなかなか至難の業だったようだ。牧瀬は交際中、かなり苦労したようである。

どんな苦労かは、『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)に詳しく紹介されている。ファンはぜひご一読いただきたい。

【同書の目次】
第1章 恋愛相関図1
第2章 恋愛相関図2
第3章 恋愛相関図3
第4章 ゴールイン+熱愛報道続行
第5章 封印したい下半身スキャンダル

【本書に登場するカップル(破局済みも含む)】
長瀬智也&相武紗季、山下智久&あびる優、田中聖&あびる優、田中聖&木口亜矢、田中聖&倖田梨紗、松本潤&北川景子、赤西仁&加藤ローサ、亀梨和也&堀北真希、亀梨和也&小泉今日子、田口淳之介&小嶺麗奈、松本潤&仲間由紀恵、松本潤&北川景子、中居正広&倖田來未、堂本光一&宮前真樹、滝沢秀明&鈴木亜美、木村拓哉&宮沢りえ、木村拓哉&カオリン、木村拓哉&工藤静香、香取慎吾&飯島直子、三宅健&安室奈美恵、坂本昌行&中澤裕子、稲垣吾郎&菅野美穂、井ノ原快彦&瀬戸朝香、山口達也&辺見えみり、城島茂&仁見、城島茂&森下里美、森田剛&希良梨、森田剛&上戸彩、国分太一&aikoほか

◆リンク記事
ジャニーズタレントの事件はこうして起こる

【参考図書】
『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)
『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)
『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)
『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)


1
Copyright © 東山紀之 | ジャニーズ・春夏秋冬 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN